大神神社御用達の大正楼でタグ 奈良の仏像 が指定されているエントリー

錫杖や左手が外れるはだか地蔵

奈良には着せ替え仏像がいらっしゃいます。 鎌倉時代に流行したという着せ替え仏像で...

与願印に魅せられる東大寺大仏

東大寺大仏殿の中に毘盧遮那仏の与願印が展示されていました。 仏像の印相については...

歯の神様・関屋地蔵尊

吉野ケーブルの吉野山駅を降りて、吉野山の総門である黒門を過ぎた辺りに歯の神様とし...

蔵王権現を金峯山寺に思う

金峯山寺の本堂内に安置されている蔵王権現立像。 日本最大の秘仏とされる山岳修行の...

白毫寺近くの仲良し地蔵尊

高畑エリアの不空院を参拝した後、白毫寺、山の辺の道方面へと足を向けます。奈良市内...

飛鳥寺の阿弥陀如来坐像

飛鳥大仏の向かって右側に坐しておられる阿弥陀如来坐像。 藤原時代の木像で、物静か...

普賢延命菩薩を長岳寺に拝観

山の辺の道ハイキングの道すがら、弘法大師創建の長岳寺を訪れる人は多いものと思われ...

大黒天立像を長谷寺大黒堂に拝観

大和七福八宝めぐりで参詣した奈良の長谷寺。 長谷観音が安置される本堂の西側に、大...

弥勒大石棺仏@長岳寺

山の辺の道の中継地点としておなじみの長岳寺。 杜若が見頃を迎える5月半ばに訪れた...

興福寺南円堂の国宝特別公開で第三の目を拝観

興福寺の南円堂創建1,200年を記念して開催されている国宝特別公開2013。 招...

眼力不動明王が活を入れる長谷寺

長谷寺の眼力不動明王。 名前を聞いただけでは、長谷寺境内のどこへ行けば拝観できる...

脳天地蔵尊を馬場本村に参詣

大神神社の下手に鎮座する若宮社から少し南へ行くと、馬場本村のお地蔵さんが祀られて...

五劫院の五劫思惟阿弥陀如来坐像

螺髪の盛り上がったお姿で知られる五劫院の仏像。 重要文化財に指定される五劫思惟阿...

東大寺中門の持国天

壮大なスケールの東大寺南大門をくぐり、真っすぐ北へ進むと東大寺の中門が見えて参り...

十輪院地蔵菩薩に三道を拝観

十輪院の南門を入ると、すぐ左手に休憩処があります。 お不動さんのお堂手前にある休...

会津八一も歌った金屋の石仏

古都奈良をこよなく愛した会津八一。 三輪山南麓の金屋の集落の外れに、重要文化財に...

斜光で蘇る弁天さん

極楽寺の参詣者休憩所の近くに、表情の分かりにくい弁天さんがいらっしゃいます。 な...

極楽寺の観光案内

生駒郡安堵町にある紫雲山極楽寺をご案内致します。 安堵町観光において、熊凝精舎跡...

聖林寺千両万両と十一面観音絵馬

多武峰街道の途中にある聖林寺をご案内致します。 ミロのヴィーナスとも比較される、...

不比等の霊を慰める興福寺北円堂

興福寺中金堂の西側に佇む北円堂。 北円堂は藤原不比等の霊を慰めるため、平城京を一...

興福寺三重塔の弁才天

興福寺三重塔の初層内部には、弁才天坐像が佇みます。 弁天さんが三重塔に坐しておら...

四天王像が祀られる東大寺戒壇院

国宝四天王像で知られる東大寺戒壇院。 東大寺大仏殿から西へ少し歩いた所に佇みます...

弥勒石

飛鳥川の畔に弥勒石という石造物があります。 地元の人の間では、「ミロクさん」と親...

難波池&すすぎの瀧@豊浦寺跡周辺

豊浦寺跡近くにある難波池。 この場所はやはり、隠れたパワースポットではないかなと...

薬師寺の音声菩薩

薬師寺金堂前の灯籠をよく見てみると、音声菩薩が彫られているのが分かります。 楽器...

分身奉納仏 安倍文殊院

安倍文殊院のご分身奉納仏。 露天の十一面観音像の背後にずらりと並んでいます。 ...

薬師寺中門の邪鬼

薬師寺中門で仁王像に踏み付けられる邪鬼。 どこか滑稽でユーモラスな雰囲気が伝わっ...

仏像の印相

仏像の印相をご案内致します。 仏像の手が作っている形のことを印相(いんぞう)、あ...

十六羅漢を平等寺で拝観

三輪山平等寺で十六羅漢の石像を見ることができます。 尊敬されるべき修行者たち・・...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「奈良の仏像」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得